アコムのおまとめローンの審査を調べてみた

「君たちやっぱり・・」のCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングサービスがあります。

消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

銀行のおまとめローンよりも限度額が低めに設定されていますが申し込める人は安定した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでもOKです。

おまとめ対象の借入先に返済してくれるだけでなく完済に関する手数料は一切かからないというメリットもあります。

おまとめローンを利用することで毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンにも与信審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンの融資を受けるにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるのでおまとめローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

複数の金融業者からお金を借りていると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

多重債務をする人は借入可能額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者の負担を軽減するための商品なのでなるべく早く申し込むことをおすすめします。

おまとめローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因を明らかにしなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちる可能性があります。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は当然多い方が有利になりますが、審査において肝心なことは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと有利になり個人事業主やフリーター、入社1年未満だと厳しい評価になってしまいます。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。

おまとめローンは多重債務者のための商品ですが利用件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社までなら安心ですが絶望的な人でも審査に通る方法がないかを考えてみましょう。

最優先で行うべきことは現在までの返済状況の確認と借入先の社名と借入金額、残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから与信限度枠内でやりくりして完済できるローンは解約しましょう。

借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるのでローン残高の管理がしやすくなり、場合によっては利息を安くすることができます。

良いことばかりのようなイメージのおまとめローンですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

おまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

月々の返済額がキツくなったという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

毎月の返済額が減ると生活に余裕が出来たと錯覚する人もいるようですでに返済が終わった業者から勧誘を受けると、再び借り入れてしまう危険もあります。

おまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。

何件もの金融機関から借り入れをしていると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンを利用したい人は多重債務者ですから審査が不利になったり、厳しくなる事があります。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

おまとめローンは複数の借入れ先を1つにまとめるためのローンで月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは否めません。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

そのため、おまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば支払総額を増やすことなく、毎月の楽な返済が可能になるのです。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人は通らない原因をつきとめることが先決です。

参考:アコムおまとめローン審査は?借り入れの流れ【総量規制は?】

一般的には、ローン審査には「スコアリング審査」と「個人信用情報」の2方向からの審査があり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が高くても借入総額が大きければ審査に不利ですし年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり契約社員はアルバイトと同じレベルで評価される場合もあります。

おまとめローン利用者は多重債務者なので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法は全ての手続きがインターネットで完了できるweb完結です。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですが契約手続きまで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みはネットで申し込み手続きができるだけなので必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく電話での意思確認なども原則的にはないので安心です。