薬剤師の転職は女性が多いの?

調剤薬局薬剤師になるには、まずは薬剤師資格を取得する必要があり、そのためには「薬剤師国家試験」に合格する必要があります。
薬剤師国家試験は、薬学部などの薬学専門の大学を卒業した人が受験することができます。
合格した上で、調剤薬局に就職して働く人を、調剤薬局薬剤師と呼びます。
薬科大学は6年制であり、高校生の間から「薬剤師になりたい」と目標を定めて、薬科大学を受験する人がほとんどです。
そのため、調剤薬局薬剤師として働く人は、卒業生の半分程度とされています。
調剤薬局薬剤師になる人は女性が圧倒的に多いのですが、薬科大学に入学する人の男女比は「女性がやや多い」という程度です。
ただ、薬科大学に入学するためには、学業成績が優秀でなければなりませんし、6年間は薬科大学で学び続けなければなりません。
薬剤師転職することによるメリットは何?