おまとめローンの審査は厳しい?クレカのリボ払いも大丈夫?

おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというのは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れることで既存のローンを一括返済して新規ローンを返済していくというローンの乗り換えを意味します。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなく借り換えローンというサービス名でアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

消費者金融は金利が高いことが多く、一方銀行は審査が厳しいというのが一般的ですがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かは目的によって変わるでしょう。

消費者金融のおまとめローンや借り換えローンは追加融資ができないのですが銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。クレカのリボ払いも大丈夫なのかと心配ですが業者によってはおまとめできます。

必ず必要なものといえば本人確認書類があり運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類ということになります。

現在の借入残高を証明する書類の有無は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上融資を希望する場合で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など該当します。

いずれも特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している場合、早めに用意しておくことをおすすめします。

おまとめローンとは複数の金融業者から借金をしている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。

何件もの金融機関からお金を借りていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので複数の借入れを1本化した方が利率を下げられるかもしれません。おまとめローンの審査は厳しいかどうかというのも心配なのではないでしょうか。

しかし、アコムなどのおまとめローンの利用希望者は多重債務者なので審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

リボ払いでのおまとめローンという商品を提供している金融業者もありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。

アイフルや東京スター銀行みたいなおまとめローンは複数のからの融資を1本化することで毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

しかし、利息や返済金額を抑えることができても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

アイフルでのクレジットカードリボ払いでのおまとめローンを組んでも元本は減らないので毎月の返済額を引き下げるとなると返済期間は長くなります。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので追加融資が可能ですから借入額が増えるリスクも含んでいます。

アイフルやアコムのリボ払いをおまとめローンで利用することで毎月の返済額を減らしたり引き落とし日を1日にできるメリットがあります。

アコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

どちらの金融業者のおまとめローンを利用するにしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

返済期間が長期化すれば支払う利息も増えてしまうので返済総額はおまとめローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行は総量規制がありませんので追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融の場合、貸金業の返済のみに限定されています。

東京スター銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

ですが、消費者金融は銀行よりも断然審査に通りやすいとされていますし審査結果がスピーディーであることいったメリットもあります。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車そのものが高額ですから毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの返済の負担が大きくなりますのでマイカーローンを含めたアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを検討するという可能性が出てくるかもしれません。

銀行のおまとめローンであればそれも1つの選択肢としてありだと思いますが消費者金融のおまとめは、マイカーローンの返済には使えないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から融資を受けたマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠で購入したのであれば利用することはできません。

クレカのリボ払いなども使えるおまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており最短2時間で審査回答、最短で翌日融資可能などスピード感がと低金利が魅力です。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率をクリアしていれば、必ずしも不利にならないとも言われています。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンを利用しているのは明白ですから出来る限り、カードローンは住宅ローンの審査までに解約しておきましょう。

なお、多重債務者の場合はおまとめローンを利用して借入先を1本化することが最優先です。

プロミスおまとめローンを利用している所から住宅ローンの融資を受けるのは不利になるだろうと思う人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますから優良顧客という自信がある場合、同じ金融機関で住宅ローン審査の審査を受けてみてはいかがでしょうか。

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のキャッシングサービスがあります。

通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんが安定継続した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでも申し込むことができます。

現在借りている金融機関に返済してくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。

おまとめローンの手続きで一番手軽な方法は申込から契約まですべてインターネットで行えるweb完結です。

ローン手続きを他人に見られるのは気まずいと思う人には最適ですし土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですが最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

プロミスおまとめローンのweb申し込みはネットで申し込み手続きができるだけなので必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

リボ払いをおまとめするためのローンは頻繁に利用するものではありませんから利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問はおまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

借金がいくらになったら、アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを考えたほうがよいかといった一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のメリット・デメリットも紹介されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。

審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いので初めてアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組もうと考えている人は、必ず目を通すようにしましょう。

おまとめローンは多重債務者の負担を軽減する商品ですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますが絶望的な人でも審査に通る方法がないかを考えてみましょう。

まず、行うべきことは今までの返済状況の確認と借りている金融業者名と残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから与信限度枠内でやりくりして完済できるローンは解約しましょう。

審査で重要視されるのは金融事故歴ですから、それがなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

消費者金融は総量規制を受けるため年収の1/3を超える融資ができませんが利用者のメリットとなるおまとめや借り換えには例外貸付が適用されます。

例外貸付の条件は利用者に有利な貸付であることでおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが貸付利率は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンの借入金については限定されており銀行カードローンに使う事はできません。

複数の金融業者からお金を借りていると引き落とし日を管理するだけでも一苦労ですね。

多重債務している人は与信限度額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

そうは言っても、多重債務者は金融機関では敬遠されますので全ての借入れを完済する金額の融資を受けるのにはハードルが高すぎます。

でも、クレカのリボ払いのおまとめローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なのでまず、審査を受けることをおすすめします。


引用:http://www.urbanwallflower.com/bank/ribo.html