AGAのコマーシャルに出ていた最初の芸能人は芸人さんの爆笑問題でした。

爆笑問題がCM中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌は薄毛の暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このCMのおかげでAGA治療も一般的になりAGA治療をしていると公言している芸能人の方も多くいらっしゃいます。

俳優さんやロックシンガーの方が育毛剤などのCMに起用されることも増え、AGA治療に踏み出すハードルはかなり低くなりました。

最近ではフサフサな芸能人がCMに起用されているので、育毛しなくて良いのでは?と違和感を感じてしまいますが薄毛の人が起用されると、全然治療の成果がでてないじゃんと思われてしまうのかもしれませんね。

AGA治療は病院で診察してもらい有効性が認められている治療薬を処方してもらいましょう。

保険の適用外なので実費となりますが市販されている薬と比較してはるかに効果が高いのでおすすめです。

とはいえ、プロペシアの副作用が怖いという人にはミノキシジルという薬も有効とされていますので、そちらを使うのも良いでしょう。

ミノキシジルもAGA診療ガイドラインで認められていますので医学的根拠に基づいた信頼できる薬品です。

ミノキシジルには頭皮に塗布する外用薬と内服薬の2種類ありますが、国内でAGA治療に認められているのは塗り薬の方だけとなっています。

AGAとは何かご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に現れる髪の毛が薄くなってしまう症状のことを指します。

薄毛や脱毛というのは昔から男性を悩ませる種だったと見えてこれまでに数多くの育毛剤が生み出されてきました。

最近ようやく医療機関で治療を受けられるようになりましたが医療費は保険が使えない自己負担診療になります。

医療費負担は大きいですが、医者の診断でAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販されている薬よりも症状が改善する人はかなり増えました。

しかし、残念ながらAGA治療とは対処療法なので、処方薬の使用を中止すると元の薄毛状態に戻ってしまいます。

AGA治療は保険が適用されませんので費用は全額自己負担になります。

AGA治療が開始された当時の治療薬は万有製薬のプロペシアしかなく1ヶ月で1万円近くの費用がかかってしまうことも珍しくありませんでした。

保険適用外の医薬品はドラッグストアの市販薬と同じ扱いになりますので値段は各販売店で自由に設定することができます。

ですから、処方してもらう薬品でも価格差があり販売するお店によって、数千円の価格差があったのです。

更に診察を受けなければ処方箋はもらえませんので再診料や診察料もかかることも忘れないで下さい。

AGAは遺伝による要因が大きいので完全に治るものではありません。

AGAを発症するか否かは個人の体質によって決まる為遺伝子を操作しない限り、AGAは一生モノなのです。

従って、AGA治療を中断すると脱毛や薄毛は、再び進行してしまうのです。

そうは言っても、AGA治療薬のミノキシジルやプロペシアは医薬品なので副作用がありますから、一生使い続けるのも問題があります。

飲み薬であるプロペシアは男性ホルモンを抑える薬ですからライフステージの節目がやめどきだと思います。

AGA治療薬として有名なプロペシアは処方箋がなければ買うことができません。

医薬部外品のようにドラッグストアで販売されておらず保険適用外なので高価なことが難点でした。

そんな状況が続いていましたが、プロペシアにもジェネリックが開発され従来と同じ成分で半額以下の薬品も販売されるようになりました。

ジェネリック医薬品はドイツやイギリスなどで広く普及しており先発医薬品と同じ有効成分を使いますが飲みやすく改良されることもあります。

先発医薬品で成分の有効性は実証されていますから短期間で開発できコストが抑えられるので安価で提供できるのです。

AGAは男性ホルモンが影響して発症するのですが生活習慣や食生活も大きく影響しています。

人間の身体は血液の循環によって酸素や栄養が運ばれますから健康な身体を維持するためには血流を良くすることは大切です。

髪に必要である栄養素も血流によって運ばれてきますからAGA治療をしている人はまず、血流を良くするよう心がけましょう。

ストレスや冷え、運動不足などは血管を収縮させるので薄毛治療には大敵ですが喫煙によるニコチンの摂取も血管を収縮させる大きな要因です。

頭皮が固かったりうっ血している人は頭皮マッサージがおすすめです。

AGA治療に真剣に取り組むのであれば日頃の食生活にも目を向けねばいけません。

仕事が忙しいからとファストフードやコンビニ弁当が主食になっているようでは栄養が偏ってしまったり、塩分量が多く血行不良の原因にもなります。

日常から髪の毛の素となるタンパク質やビタミンを多く摂りことを意識し亜鉛も摂取し抜け毛や白髪を予防しましょう。

ビタミンは緑黄色野菜などに多く含まれており亜鉛は牡蠣やレバー、牛肉などに多く含まれています。

また、緑茶に含まれるカテキンには血圧の上昇を抑制してくれる効果だけでなくリラックス効果もあるのでストレスの軽減にも有効です。

AGA治療で用いられるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛と呼ばれる副作用を起こすことがあります。

薄毛を直したくて治療しているのに毛が抜けるというのは変な薬なんじゃないかと心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛は薬が効いてきている証でもありますので心配したり悲観する事ではなく、喜ぶべき症状なのです。

初期脱毛で抜けていく毛は薄毛の病気にかかっている不健康な髪の毛なのでそれらが抜けた後、健康で丈夫な毛が生えてきます。

初期脱毛はAGA治療を開始してから1から2ヶ月の間に発症しミノキシジルを使用した場合でも同様の副作用があります。

AGA治療を受けてみたいと思っているけど何科なのか分からないという人もいると思います。

AGA治療というのは基本的には投薬治療となりますのでプロペシアという内服薬を処方してもらうのなら内科か皮膚科になります。

ただし、病院によってはプロペシアを処方してくれないところもありますので受診の前に確認しておくことをおすすめします。

又、一般病院の皮膚科医や内科医というのはAGA治療が専門というわけではありませんのでAGA専門のクリニックを受診した方が間違いはありません。

中には、効果が高まるよう独自調合しているクリニックやメソセラピー治療も受けられるクリニックもあるので専門クリニックの受診をお勧めします。

AGA治療は健康保険適用外の治療なので全額、自腹で受診することになります。

飲み薬のプロペシアは医師の処方箋が必要なので1回あたり約3000円の診察料がかかります。

加えて、プロペシア1錠が250円(万有製薬公式価格)しますから診察料と薬代の合計は、1ヶ月で1万円を超える計算になります。

ミノキシジルは医薬部外品なので薬剤師がいるドラッグストアなら問題なく買う事ができます。

市販の育毛剤にはミノキシジルを配送している製品もありますがプロペシアと同額程度の高価格な出費になります。

できるだけ安くAGA治療をしたいのなら育毛剤を購入するのがお勧めです。

様々な有効成分が多く配合された育毛剤が販売されており薬剤師がいる薬局で買う事ができます。

ネットではミノキシジルの個人輸入を紹介するサイトもありますが品質面での保証が無いのでおすすめできません。

頭皮の血行を改善して細胞活動を活性化させることがミノキシジルの薬効なので同等の効果がある保険が使える医薬品で代用することもできます。

音楽を聴いてリラックスすることや飲酒を控えることもAGA治療には有効です。

AGAはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンの影響で髪の毛の成長が短くなってしまうことにより発症してします。

AGAを発症すると髪の毛が十分に発達する前に脱毛が始まってしまうので髪質が細くなり短い髪の毛ばかりが残り薄毛が目立ってくるのですAGA治療にはプロペシアという飲み薬を用いてDHTの生成を抑制することで薄毛の改善を目指します。

内服薬以外にはミノキシジルを含んだ外用薬で頭皮の血行を促進し活性化させるといった治療法もあります。

2つの治療方法を併用することは可能ですが健康保険適用外のため費用がかかってしまうのが難点です。

AGAというものは成人男性に見られる脱毛症なので女性の発症例はありません。

脱毛の原因は男性ホルモンにあるとされていて治療には男性ホルモンを抑制する薬が用いられます。

AGA治療薬にはプロペシアという薬が用いられますが、この薬はジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えることで効果が発揮されるというものになります。

AGAの脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していることがわかっておりこの成分がヘアサイクルの成長期を短くすると考えられます。

成長期が短いと頭髪が十分に成長する前に抜け落ちてしまうので髪の毛全体に細く短い毛が多くなって薄毛が目立つようになるのです。

AGAの治療に効果があるとされる薬にはプロペシアという内服薬やミノキシジルと呼ばれる外用薬があります。

飲み薬であるプロペシアはAGAの原因と言われる男性ホルモンの生成を抑える働きがあり育毛サイクルの乱れを改善してくれるという効果があります。

一方、ミノキシジルには血管を拡げ血行を促進することにより毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させるので、発毛を促す効果が期待できます。

ただ、この2つの薬はどちらも発毛剤として開発された薬というわけではなくプロペシアは前立腺がんの治療薬として、ミノキシジルは高血圧の治療薬として開発されたものでした。

両者とも薄毛を改善し発毛促進効果があることが発見されたので今ではAGAの治療薬としても処方されています。

関連ページ